« 4つのメリットがウリの快適枕! | トップページ | 定期的な温泉旅行ができたらいいなと! »

冬場は「温度差」に注意。

今年は例年より特に寒いですね。

温暖化と言われるには、冬とは温度の差がある分、余計に寒く感じる。

でも、確かに温度も低いのと雪国はかなり積雪量も半端ではないですし。

私がこころがけているのは、もちろん温かくしていますが、家の中にいる時と外出時との
温度差を少なめにすることなのです。

ただ、厚着して外出してゆけばいいだろう?ではなく家の中でも暖房器具を必要以上に
温度設定を高めにせず、電気代の節約もありますが「少し温かい」レベルでいることです。

さらに車中でも、あまりヒーターは強くせず、1もしくは2までに抑えています。

そうしなければ、外出したときに外気でゾクッとしそうな感じと、高血圧持ちで血管の収縮
の関係で、できるだけ温度差を少なめにする方が体にも負担のかからないと思いますし。

よく脳梗塞や心筋梗塞になった方は浴室やトイレから出た時に倒れる方も多く密室から
家の中とはいえ温度差が一番出やすいからだとも言われます。

浴室からあがる場合は、ドアを開けっ放しにして湯気を放散させ、温度差を少なくする事も
特に冬場はそういう工夫があってもと思いますね。

http://www.sanwanxiong.com

|

« 4つのメリットがウリの快適枕! | トップページ | 定期的な温泉旅行ができたらいいなと! »

高血圧」カテゴリの記事