« 2013年8月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

やっぱり原発はコワイの一言ですね!

あの3年前の大地震で福島原発で除染事故も起きてしまいましたが、遡ればチェルノブイリ
原発事故も被曝された方が相当数でました。

もちろんエネルギーも大事なのですが、原発の怖さというのを知れば、答えは建設反対や
ストップになるのは仕方ないのかと思います。

以前に茨城の東海村でJOC臨界事故で3人中2人の方が放射能を浴びて亡くなられてしまいました。

この放射能を浴びた方の、その後の姿を動画で見たのですが、何ともいえない惨状としか
いえません。

まず、この事故では2人の方とも体の一部を放射能が帯びてしまい、そのまま病院に搬送
されたのですが、最初は日焼けしたような感じで少し腫れていたのです。

ところが10日近く経って、皮膚はだんだんとめくり剥がれてゆき再生もせずに全部剥がれ落ちて
しまいました。

ひどくいいますとミイラのような姿になっていたのですが、なぜそのような状態になったのかと
いえば体の細胞すなわち染色体が放射物質により破壊されてしまい、だんだんと体の水分も
蒸発してしまったような形になってしまったのです。

病院側も血液細胞の移植手術や皮膚の細胞移植や献血と体の包帯養生など、全ての医療
技術を施してもどうにもならないほどで、約3ヶ月間の入院期間だったのですが、手の施しよう
がなかったのですね。

そういう恐怖を果たして政府や一般の方はどれだけ理解しているかだと思いますし、それが
当事者だったとしたらと言うことです。

http://www.kboshop.com/

|

定期的な温泉旅行ができたらいいなと!

日本人にとって、一番の幸せは温泉に入っておいしいものを食べること。

最近はめっきり行かなくなったというより行けなくなったと言う方が正解だと思います。

やっぱり経済的にゆとりがないのも大きいですが、税金や生活代に家のローンに携帯料金
などなど・・・・

本当に、お金というのはいくらあっても足りないといいますか、収入が厳しいというのが
正直ですね。

よくサラリーマンだったら決まったお金は入ってくるといいますが、一生として決まった金額
しかいただけないのと、安定はしても予想以上の金額は上乗せできませんね。

ウチは建築業を営んでいますが、忙しい時があっても長続きしませんし、あっても本当に
余分な支払いも出てきてしまいます。

正直に2000年頃までは慰安旅行で毎年3回前後の温泉旅行や近場も月2ぐらいは出かけ
ましたね。

ただ、どうしてもと言うわけではないのですが、宿泊もですが車の燃費や余分な出費も
嵩むのがありますし、たまにはという事も結局は出ずじまいになってしまうという訳なん
ですね。

まだ若き時は、金銭面は無ドン着で今になって経理は母がしていますが、その苦労をやっと
思い知らされる所です。

本当に久しぶりに下呂辺りでも行きたいですね。近場でしたら箱根が最高ですが。

http://www.kboshop.com

|

冬場は「温度差」に注意。

今年は例年より特に寒いですね。

温暖化と言われるには、冬とは温度の差がある分、余計に寒く感じる。

でも、確かに温度も低いのと雪国はかなり積雪量も半端ではないですし。

私がこころがけているのは、もちろん温かくしていますが、家の中にいる時と外出時との
温度差を少なめにすることなのです。

ただ、厚着して外出してゆけばいいだろう?ではなく家の中でも暖房器具を必要以上に
温度設定を高めにせず、電気代の節約もありますが「少し温かい」レベルでいることです。

さらに車中でも、あまりヒーターは強くせず、1もしくは2までに抑えています。

そうしなければ、外出したときに外気でゾクッとしそうな感じと、高血圧持ちで血管の収縮
の関係で、できるだけ温度差を少なめにする方が体にも負担のかからないと思いますし。

よく脳梗塞や心筋梗塞になった方は浴室やトイレから出た時に倒れる方も多く密室から
家の中とはいえ温度差が一番出やすいからだとも言われます。

浴室からあがる場合は、ドアを開けっ放しにして湯気を放散させ、温度差を少なくする事も
特に冬場はそういう工夫があってもと思いますね。

http://www.sanwanxiong.com

|

« 2013年8月 | トップページ | 2014年2月 »