« 2013年7月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年8月

4つのメリットがウリの快適枕!

人間には整体というのが大事になってきます。

体が丈夫な方というのは非常に背筋が伸びていますし、整体のバランスもグッジョブだと
思います。

その一つにいろんな作業や行動をする場合に於いても、考えた体勢とか動きといいますか
姿勢にも気を遣っていると思いますね。

その中で、寝るときというのは無意識な状態になりますが、そこで大事になってくるのが
「枕と寝る姿勢」だと思います。

寝る姿勢というのは寝返りにも成ると思いますが、枕によっては寝違いなども起こしたり
します。

また枕については、いろいろありますが「いかに自分の頭や寝心地にフィットしたものに
なる」と思います。

そこで今回紹介したい枕は一番下のクリック先に答えはありますが、この4つがメリット
として、かなりの方から高リピートをされています。

1;気持ちよい眠りができます。

2;肩や首は非常に楽チンです。

3;朝までグッスリに。

4;本当に今までにないような快適な眠りができます。

本当にこの枕にはいろんな仕掛けがありますが、それだけうまく寝かせ付けてくれる
枕そのものなんですね。

六角脳枕 激安

|

GWとお盆。

もちろん、この共通点は大型連休ですね。 でも正直に帰省もしますし、旅行もする方が
大勢見えると思いますが、最近はこの時期に出かけたことはお盆に行く墓参参りぐらいしか
憶えていませんね。

実家に住んでいますから帰省は関係ないですし、混雑な所に行くのは所帯もあるわけでは
ありませんから「特に行く必要はなし」ですね。

その中でその両者に他に共通しているのが渋滞なのですが、私はその時期に帰省した経験は
一度だけサラリーの時にありましたが、速攻で夜の高速で4時間かけて帰りました。

ただ、車中というのはどうしても一人の場合ですと居眠りもこいてしまいやすいですし、ふと
寝てしまっている時もあるのですね。

それはなぜ?そうなってしまうのか。

車中というのは快適な温度に設定をし、運転というのは慣れてしまうと本当に単純な操作と
周りは殆ど同じ景色なのもあってか、「目線が一定の場所と同じ体勢」というのも寝心地を
よくしていまうと言われています。

ですから本来は1時間おきぐらいに休憩は必要ですし、もし二人以上の場合は運転者が
眠りさせないような工夫も大事かと思います。

ですから長距離になる場合は、まず時間を決めずに無事につければという安楽感で
走っていくのが一番ですね。

http://www.driversyou.com

|

カンフーごっこでリズミカル運動!

昔ブルースリーやジャッキーチェン。あるいはジェットリーなどの香港アクションものは
流行りましたね。

あの格闘は本当にリズミカルといいますか、何百とある動きの連鎖から、かけ声も
「ハ~イ。エイ。」などあのテンポには毎回見ていても釘付けでした。

自分はYouTubeでこのアクションものを見ますが、自分も勝手にかけ声や手の動きを
しながら「ハ~イ」などと無意識?でやっていたりそれだけこの格闘は、かっこよさあり
面白みもありましたね。

ただ、何とも恥ずかしながら中年のぽっちゃり体型で「足は上がらない」「腕は全然飛ばない」
と何十秒かで息切れていますから、いかに・・・(汗)

あの方達はもちろん格闘家と同じ訳ですから、毎日の鍛錬があってあの動きができるわけ
なんですね。

でも、普段は自分の意思で運動をしないというのは出てしまいますが、別に人前でする訳では
ないですし、こういう「カンフー体操(^^失敬)」も自分なりにやってみるのも動いている事には
間違いないわけですからいいとは思います。

http://www.chachaol.com

|

夏場に避暑地。行ってみたいですね。

避暑地っていえばどういう場所を思いますか。

「自室のクーラーの効いている部屋」
「大型スーパー」
「デパート」

近場でも行こうと思えばいつでも行けますし、部屋の中もクーラーが効いてれば十分に
避暑地になりますね。(汗)

いやいや、そんな所ではなくリゾートや観光地の事を普通は連想しますよね。

日本でいえば有名なところで「軽井沢」「高山」「北海道」「南アルプス」など標高のあるところで
車や飛行機を使ってリフレッシュできるところと言えますでしょうか。

私は夏場に慰安旅行で北海道はかなり以前に行きましたが、確かに湿気は少ないし
実家が名古屋ですが、帰って来たらバテてしまいました。

軽井沢なんかは高級リゾートという感がありますが、日帰りでもいけない距離ではないと
思います。

今までで気持ちよかったのは南アルプスのビーナスラインという道はいいし、結構観光客
もいましたね。

でも、こういうところで寛いだり、食べ物もそこそこいいですし、暑い夏はお盆に行くと混雑
に嵌まってしまいますが、どこかで休みを使って一度は行くのもいいかも知れません。


http://www.businesslondondirectory.com

|

名古屋人特有のどっさりがけ(笑)

名古屋名物といえば赤味噌ですが、それにちなんで
「味噌カツ」「味噌煮込み」「おししかけ(ごはんに味噌汁をかける)」など
名古屋人は味噌をかなり有効利用した料理が大好きですね。

要するに赤味噌は塩分と味も濃いめなのですが、揚げ物にはたっぷりソースをかけたり
カレーにも生卵を入れたり、ソースをかけるのも風習ですね。

私の場合は、最近は血圧に気をつけている為に、そこまではかけないですが、野菜サラダ
にもドレッシングやマヨネーズをブレンドしてかけたり、そうそうお好み焼きも大量にマヨネーズを
かけてしまいます。

ですから食べ終わった器の底には残りソースやドレッシングは、かなり浮いています。

食べ方は、地方によってかなり違ってきますし、名古屋ほど味の濃い食べ方はおそらく
東北の漬け物で塩分の多さとひけをとらないですし。

最初に味噌カツが出てきましたが、味噌カツはもちろんトンカツの上に赤味噌がかかって
いるものですが、そこにはさらにソーズもかかっているんですね。

名古屋で有名な「矢場とん」はメッカなのですが、たまに地方から来た人が食べてゆかれると
そのかけっぷりには驚くそうです。

これもイケイケならぬカケカケ(笑)。

とりあえず、食べた後はカロリーオーバーですから酵素ドリンクを飲むことも忘れないように
しています。

素敵な酵素

|

« 2013年7月 | トップページ | 2014年1月 »