« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

高血圧。一番オススメの方法について。

二年ほど前に、父が心筋梗塞をやってしまい緊急入院したのですが、原因は
「タバコ」「食べ過ぎ」「高血圧」など、これは何も言うまでもなく「どうぞ、病気になって下さい」
と言わないばかりの状況でした。

実は、私も高血圧持ちなのですが、今は病院から調合してもらった降下剤を飲んでいます。

高血圧になってしまう理由はきわめて簡単だと思いますが、生活の不摂生やストレス、タバコ
など血管の流れというのはとても繊細で、体が丈夫、食生活や睡眠に気を遣っている人は
遺伝性ではない限り大丈夫だと思います。

その降下剤を始めた理由は、父が心筋梗塞で入院した担当医師の先生から、そういう話しを
したときに先生は「結構、みなさん降下剤は薬だから対処療法や飲み続けるとよくないと
言われるが、だったらそのまま放置して血管は年齢と共に硬くなっていくし、健康な方は血管
年齢というのが若くて血管の伸縮性は非常に重要なんですね」

といいましたが、心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、脳溢血、心不全は全て高血圧の方に関連
した病気で一番大事なのは血管の強さと血液がサラサラでいられることなんですね。

ですから、もちろん食事療法や生活基準を見直してもできますが、これはかなりの覚悟と
逆に続けなければならないモチベーションとストレスを与えてしまうという事なんです。

今の降下剤は副作用にもならない成分も開発されて、どういう人間でもいづれかは薬や病院
の世話になりますし、40を過ぎても気をつけなければならないですね。

http://www.icbd2010.com

|

よくストレス発散といいますが?

皆さんは「ストレス発散」と言えばどういう事をすれば発散できたと思いますか?

私は変わっていると思いますが「これと言うわけではなく、誰かにへいでん話しが出来にくいこと
が知らない間に話していて気持ちがスーっとできていた」

ですから、いろんな状況で気持ちがスッキリとなっていたとしたら発散できたという事だと思います?

一般的には自分の好きな事をすれば気持ちが晴れるといいますが、それは晴れない時も
あると思います。

人間は、そのストレスの度合いによって晴らす方法も変わってくるのでしょうし、その時の体調
気分、コンディションによって全然変わってくると思います。

例えば、こういう晴らし方もあるかも知れません。

今までやったことないようなことを一度やってみるとか、そういう場所に行ってみるとか。

一度、昔楽しかった時の事を思い出し、そういうものをインターネットで探したり買ったり
懐かしんだり、気分という部分で一変には晴れなくても少しずつ晴らすとか、ですね。

そういう切り替えや晴らす事がへたくそな人間ほど、こういうやってはいけない事件や
人に迷惑をかけることで、晴らしてしまうのではないかと思います。

http://www.kboshop.com/

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »