« カロリストンで太らない体質づくり | トップページ | 腰痛のひどい人 »

自律神経失調症を和らげる食事

自律神経失調症は、睡眠不足や疲れ、過剰なストレスがかかることで起こります。不規則な生活を続けることで、自律神経のバランスが崩れてしまい、さまざまな不快な症状が現れてきます。自律神経失調症の改善には、病院で処方される薬を使用しての薬物療法や、催眠療法、カウンセリングなどを行って治療を行います。

それと同時に、日常生活の見直しや、バランスの良い食事を摂ることが大切です。自律神経失調症の症状を和らげるには、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウムを含む食材を積極的に摂取することが大切です。

今野式 近視改善 李昇昊 高血圧改善 大滝 保 恐怖症克服 

神経の働きを正常に保つ働きを持っているビタミンB群は、レバーや鶏肉、サバ、イワシなどの多く含まれています。過剰やストレスがかかると、ビタミンB群は急激に減少してしまうため、自律神経失調症の予防や治療のために心がけて摂取しましょう。

ほうれんそうやビーマンなどに多く含まれているビタミンCは、全身の抵抗力を高めてくれる副腎皮質の分泌を助ける働きがあります。またビタミンAやEも自律神経のバランスを正常にする働きを持っているため、ストレス対策や予防のために必要な栄養素です。

イライラを解消し精神を落ちつかせてくれるカルシウムは、乳製品や大豆、海藻などに多く含まれています。

自律神経失調症の予防や改善のためには、バランスの良い食事を心がけ、症状を和らげる効果の高い食物を積極的に摂取することが大切です。

こころの健康

|

« カロリストンで太らない体質づくり | トップページ | 腰痛のひどい人 »

心と体」カテゴリの記事