« ニューハーフ美容家 | トップページ | 視力回復の基本 »

視力回復の第一歩

ものを見る距離がA=40cmとB=20cmであれば、Bの水晶体の屈折はAの2倍となり、その分目にかかる負担も大幅になっている事が理解していたのみると考えます。
従って、近くを見る際は、5cmしかし10cmしかし距離を遠ざける方が目の負担を軽くしている事につながります。それでは、どのようにしたら目に負担がかからないようできるのでしょうか?繰り返しになりますが、近くを見続けると、どんどん目の疲れが増してゆく事になります。これは毛様筋の緊張状況が続く事と同じです。ですから、こまめに観点を遠くに移動させる事等で、この毛様筋の緊張を途中で緩めてやる必要があるのです。すなわち「近方視の合間に遠方視をしている」クセ(慣習)を身につける事が大事なのです。これが目の負担を軽くしている最善の方法であり、視力回復の第一歩だからす。その気になれば、どなたにでもできる簡易的な事です。是非実行を!!


株式会社えがお えがおのブルーベリーの効果
田中 謹也 1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法 口コミ
自宅で出来る今野式乱視改善エクササイズ 今野清志 口コミ
健康情報館

|

« ニューハーフ美容家 | トップページ | 視力回復の基本 »

視力改善」カテゴリの記事