« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

おすもうさんもひざ痛

スポーツをやっていると、ひざ痛はどうしてもつき物ですね。
その代表なのがお相撲さんです。
大相撲の秋巡業では、琴光喜以外の横綱大関陣が、みんなひざ痛やらなんやらになっちゃってるらしいですね。
ひざ痛は、あの体重を支えてるんだからしょうがないんでしょうが、大変ですね。
日馬富士は、じん帯と半月板の負傷だそうで、体が小さいからどうしても無理しちゃうんでしょうか。

宮田トオルのひざ痛改善DVD 健康に早起きしよう 私の健康日記

|

高血圧を下げる習慣

高血圧を下げる習慣を身に付けることで病気を未然に防ぐことができます。

高血圧は怖い病気です。

脳梗塞や心筋梗塞の引き金になるかもしれません。

血圧を下げる習慣は以下のとおりです。

その1 タバコを吸わない
その2 強い血管をつくる
その3 熱い風呂には入らない
その4 ストレスを解消する
その5 適度な塩分とたっぷりな野菜、果物を摂取する
その6 歩くクセを身に付ける
その7 快眠、快便、を心がける
その8 腹八分でおさえる
その9 お酒の飲みすぎに注意する

習慣を身につけ健康な体で元気にくらしましょう。

血圧を下げる方法!李昇昊(り・すんほ)先生の高血圧改善プログラム
李先生の高血圧改善プログラム
血圧下げる方法!高血圧改善プログラム
血圧を正常値に戻す!高血圧改善プログラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日断食

お腹がすくとすぐに何かを食べてしまいます。空腹を我慢するのが辛いんですよね。
しかも、3食きちんと食べた上に、おやつや夜食など食べているので、常に私の胃は消化吸収で働きづめになっている状態です。それを繰り返していると、細胞内にゴミがたまり老化が加速すると言われました。一日断食なども巷ではあるようです。興味はありますが、勇気がまだありません・・・

健康マニア
心と体の健康生活
中村真由美の「わきが克服60日間プログラム」自分で解決できます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走る

走り始めたんですよね
ちょっとなんですが
毎日じゃないんですが

平日は時間と体力に応じて2~4キロくらい
休日は10キロくらい
走れるようになりました

実は走るのって、長い目で見ると
あまり健康的ではないって
最近はそのような認識が広まってますよね

いわゆる活性酸素が貯まって
長い間に身体の老化を
促進するって話を聞いたことはないですか

ですからマラソンはその最たる物で
命を削るスポーツ
なんて言う見方もあるんですね


井坂京子 吃音 評判
山口修 会話術
健康に早起きしよう
健康になるために

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べて横になると・・

「食べてすぐ横になると牛になる」と昔よく言われた覚えがあります。
けど、医学的に見ると、食べてすぐ横になっても消化の働きに害は及ばないんだそうです。
逆に胃が弱い人には、食後に横になって休む方がいいとさえ言われています。
この根拠のない説は子供をしつける為に言われていたのでしょうか?それにしても何故「牛」なんだろう。。

健康のコツ
健康マニア
新田義治先生の「恐怖症克服マニュアル」あがり症を克服したい方必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康茶

健康茶を利用していますか?昔から落ちは色々な効能があることがありますね。

昔は、お茶は薬だったのではないでしょうか?それが一般に飲まれるようになってお茶として発展してきたような気がします。
その中で、何かに色々効能や効果がある物が取り上げられ、健康茶などして販売されているんでしょうね。コーヒー 健康
何かお茶でいつも飲んでいるものはありますか?



中村静雄の外反母趾改善プログラム、一人で、かんたんに改善する方法
芝原実の速攻ゴルフ上達法!超少ない練習で速攻進化のゴルフ上達法!
健康にいいこと
「健康110番」

| | コメント (0)

口臭気にしてますか?

「臭いものには蓋をしろ」とよく言われていますが、
だからといって、口をふさぐわけにはいきません、ましてや他人の口となったら特に・・・
口臭が強いと、人との交流が消極的になったり、対人関係を気にするなど、
とにかく悩みが深くなります。ひどいケースになると精神面で不安定になることも起こってくる人もいるようです。
ただ、口腔内を清潔にしさえすればそれほど気にすることはない人がほとんどとも言われています。「お口のエチケット」気をつけましょう。

高血圧の食事制限とは・・

外反母趾の悩みは解決できるの?
生涯現役の必要条件
健康、医療

| | トラックバック (0)

活性酸素

老化の原因ともされる活性酸素は、ストレスによっても発生します。

活性酸素の発生を防ぐためには、栄養を摂りすぎて太らないこと、ストレスを溜めないことが重要になります。

これに加えて、活性酸素を分解してくれるビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの「抗酸化物質」を積極的に摂るべきなのです。

ビタミンやミネラル、ポリフェノールを十分に摂取することで食べたものが効率よく分解され、エネルギーに変換され、毎日の生活や運動で消費されるのです。

たとえ微量であってもダイエットのは欠かせない名脇役なのです。

三起均整による筒井朗晏の「膝痛解消プログラム」実践

健康マニア

健康のコツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肥満

国民栄養調査によると、わが国で肥満に相当する人は男性1300万人、女性1000万人の合計2300万人。

さらには、国民健康・栄養調査によると、40代の女性の6人に1人、男性で3人に1人が肥満でした。

いまや肥満こそが、私たちの健康の敵として退治すべきものなのです。

肥満になると顔も体型も丸みを帯びてきます。

身体の美を損なえば自信もなくなります。

しかも体重が増えることにより、身体に余分な負担がかかるため、関節の病気にかかるリスクが高くなります。

「アトピー性皮膚炎を自分で改善する5つの法則」レビュー

健康のコツ

健康マニア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »